« 2009年5月 | トップページ

2009年6月

ふたたび

ここ一年。

うちのパパは「専業主夫」でした。

本日より社会復帰です。

職場選びと結婚相手選びは

似てると思います。

「縁」です。

1年間いい仕事に巡り合わなかったのに

ふとした出会いがありました。

長く続くように祈るだけです。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

携帯電話

日頃頼り切っている携帯電話。

機能も「電話」だけじゃなくなりましたね。

「パソコン」プラス「デジカメ」

どれだけ働かされるんじゃー!!って感じですね。

先日の休み。

私は持病の受診。

その後近くのショッピングセンターで

主人と待ち合わせというのに

携帯忘れ出かけました。

案の定

思っていた時間に待ち合わせ場所についたものの

パパは来ない。

おまけに広いエリア。

来ないパパを探してぐるぐる、ウロウロ・・・

待ちくたびれてしまいました。

便利なものに頼り始めるとこんなものかなあ。

デイでの私の存在も「携帯電話」になりつつある。

本来の役割越えて頼りにされ

いなけりゃそれはそれで何とかなるのに

「あって便利」

昨日やっと出会えたパパと

ゆっくり買い物して帰った私たちに待っていたのは

私の携帯に入った

園長先生からの着信。

「りゅうくんお熱出してます。」

「あって便利」から「なくちゃならない」になりつつある携帯。

私もそんな風にデイにいなくちゃならない存在に

なりたいなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦の絆。

私の勤める認知症対応型デイにきている男性利用者さん。

ある日デイに奥さんが様子を見に来てくれた。

昼食ほとんど取れないからって。

お二人の様子を見ていてすごく感動した。

旦那様が認知症進んで自分のこともわからないかも知れなくなって

でもあんなに愛せるんだろうかって。

親子の絆。

デイではいろんな親子に遭遇する。

「子供は親の鏡」だと思う。

子どもさんの親への介護の仕方を見ていると

その親である利用者さんが

どんな子育て、どんな親であったか

感じることが多いから。

今私の中で一番気になる親子は

息子さんがわざわざ送迎し遠くから通っている人。

息子さんがかなり神経質っぽくいろんなこと言ってきて

その対応に悩んでいます。

父親の老いてく姿が受け入れられないよう。

私自身どんな夫婦の絆、親子の絆が築けるか格闘中。

同僚との絆。

今の職場に来て2年が過ぎました。

「派遣」期間もあったとはいえ

この春から先輩ナースもいなくなり、みんなから頼りにされ

正直、プレッシャー。

ただ常勤になったことでみんなと過ごす時間も多くなり

一番確かな「絆」も感じています。

ただ一つ残念なのは

以前からここで書いてた新人。

正式に辞めることになりました。

私に何の報告もなしに。

発達障害の一種も持っているかも知れなくて

その分対応も難しくて私にまかされていたのですが

絆って難しいなって思った瞬間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

来週

来週同じ日に

デイサービスの利用者さんで

100歳になられる方と99歳になられる方がいます。

すごいですねえ。

100歳になられる方のほうは

しっかり自分の足で歩かれ

「好きなテレビ番組は?」の問いに

「クイズ番組」

見習いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成長

最近のりゅう。

とにかく反抗期。どうしても反抗期。

それでいて繊細な一面も。

保育園の「お当番さん」

先生のお手伝いする人で

ご飯のときの「いただきます」の掛け声も。

家の夕食でも「お当番さん」お願いしてたのに

私の父、りゅうのじいじが来た時には

「ぼくせえへん。誰もいないときだけする。」とか。

最近のとも。

とにかく「はんなりさん」で

健診行くたびひっかかる。

一歳半健診で言葉どころか歩行もできず

その後も保健所へ。

最近やっと言葉らしきものも増え

興味も徐々に広がり

何より「お兄ちゃんのまね」するように。

それでスプーン使って食べることにも

興味が出ました。

お兄ちゃんとけんかして腹が立つと

ソファにのぼり部屋の電気消します。

お兄ちゃんが電気つけなおすとまた消す・・・

そのやり取りがとっても面白い。

我が家では毎晩の光景。

二人が私より背が高くなって

ひげ生やして、低い声で

男臭くなる日もそんなに遠くないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分転換

携帯買い換えました。

汚れたり破れたりいろいろ問題だった

下着も購入しました。

あと新しい服も買いました。

それに仕事用の靴も古くなっていたので買いました。

お金使いたくなくて・・・というか

なんとなく「もういいや・・・」といい加減になっていたもの

それを全部うめました。

気分転換も時に大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大原則

相手を受け入れる。

共に感じる。

思いに耳を傾ける。

一緒に働いている職員が

福祉の仕事の原則として挙げた

「受容と共感と傾聴」

私生活でも同じなのかもしれない。

私はそれを求めているのかもしれない。

結婚当初

「相手が自分にしてくれていることは感謝し

相手に自分がしてあげることは当たり前と思う。」

そんな風に考えた結婚生活の大原則を

守れなかった罰なのかもしれないが。

主人に義母に私の苦しさ知ってほしい・・・そんな毎日。

公私ともに「大原則」を見直したい日々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ