育児

成長

最近のりゅう。

とにかく反抗期。どうしても反抗期。

それでいて繊細な一面も。

保育園の「お当番さん」

先生のお手伝いする人で

ご飯のときの「いただきます」の掛け声も。

家の夕食でも「お当番さん」お願いしてたのに

私の父、りゅうのじいじが来た時には

「ぼくせえへん。誰もいないときだけする。」とか。

最近のとも。

とにかく「はんなりさん」で

健診行くたびひっかかる。

一歳半健診で言葉どころか歩行もできず

その後も保健所へ。

最近やっと言葉らしきものも増え

興味も徐々に広がり

何より「お兄ちゃんのまね」するように。

それでスプーン使って食べることにも

興味が出ました。

お兄ちゃんとけんかして腹が立つと

ソファにのぼり部屋の電気消します。

お兄ちゃんが電気つけなおすとまた消す・・・

そのやり取りがとっても面白い。

我が家では毎晩の光景。

二人が私より背が高くなって

ひげ生やして、低い声で

男臭くなる日もそんなに遠くないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初体験

長男りゅうの初体験。

おばあちゃんと遊園地。

おじいちゃんと新幹線。

正確にいえば遊園地は「初」ではないんだけど・・・

どちらもわたしは御一緒できず。新幹線乗り込む時の

緊張した神妙な面持ちがかなり印象的だったなあ。

いろんな初体験重ねて

大人になっていくんだなと感じた

私のゴールデンウィーク、親としての初体験なのでした…。

| | コメント (51) | トラックバック (0)

新人教育

新人教育と育児は似ている。

「相手はできなくて当たり前。」

「どうしたら相手はできるようになるか。理解できるか。」

なのにデイのこの世界・・・

「即戦力」を求めすぎなのか

教育される側の気持ちに立たなさすぎ。

なぜあの子はできないのか・・・そればかり。

どうしてかねえ・・・

新人教育より教育する側の教育。

どうするかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近…

長男りゅうは「へ理屈」が増えました。

りゅうの会話にまともに相手してると正直疲れます。

でも「ごもっとも」と言いたくなるようなこともしばしば。

りゅうは自分でトイレに行ったあと

脱いだズボンとパンツはトイレの入り口に置いたままでてきます。

ある日「せめてパンツだけでも持って帰ってきてね。」

そういうと・・・

「おズボンもでしょ。」・・・そのとおり。

二男ともは言葉を覚えなくて心配でしたが

いわゆる「喃語」がなんとなく言いたいことを

あらわしてます。

つまりアクセントやら字数などで

「いま、・・・って言いたかったのかな?」

そう推測できるようになりました。

先日保育園のお散歩で

線路に差し掛かった時踏切の音が聞こえて

思わず「あ、んしゃ!!」と叫んでいたそうです。

偶然かもしれませんが

すこしうれしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして

二度のブログの引っ越しです。

子育てとデイサービスの看護師の仕事

つづっていきたいと思います。

よろしくおねがいします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)